【オススメ読書】『考えたら負け』堀江貴文の名言に学ぶ

読書

読書好きの私が、唯一手を出さずにいた分野がいわゆる「ビジネス本」です。昔からビジネス本は苦手でした。そんな私でも「オススメ」したくなった堀江貴文の『考えたら負け』いわゆるホリエモンの名言集です。ビジネス本が苦手な人にもきっと共感できる名言がみつかるはずです。

この本との出会い

現在、大学生の就活サイトにコラムを掲載させていただいているのですが、その執筆の中で「就活生に響くような言葉」を探していました。偉人の名言や漫画の名言など、何か面白いものはないかな・・・と探していた時に、ある言葉と出会いました。

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

この言葉が気になり調べてみると、あのホリエモンの名言ではありませんか。正直、私はホリエモンがあまり好きではなく・・・テレビで見る限り頭の良い人、仕事のできる人なんでしょうけど、「革新的」「実力主義」「ITベンチャーのアイコン的存在」といった印象で、古いタイプの私のような人間には胡散臭く感じるというか・・・とにかく、あまり好印象ではない、と思っていました。でも、この言葉は素直に「良いな」と思いました。この名言を取り上げているサイトも多く、FacebookやTwitterでもかなり拡散されたようです。
それが、今回この本を読んでみようかなと思ったきっかけでした。

堀江節炸裂だけど心に響く!近畿大学卒業式でのスピーチ

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」
この言葉は、平成26年度の近畿大学卒業式のゲストとして招待されたホリエモンが、卒業生へ送ったスピーチの一節です。スピーチの動画を見つけることができたので全部聞いてみました。
堀江節炸裂!「テレビでもこういう言い方するよね、この人~」と斜に構えながら聞いていましたが、最後には聞き入っている自分がいました。20分弱くらいのスピーチでしたが、印象に残った言葉が2つありました。

チャレンジをしなければ失敗することはない。でも成功することもない。
長期計画なんて意味はない。大事なのは目先のことに集中すること。それをやらなければ前には進めない。

「未来には楽しいことしかないはずだ、と僕は思います」と語ったホリエモン。あれだけ痛い目にあってもなお、「未来には楽しいことしかないはず」と言いきれてしまう仕事や人生へのモチベーションは真似したいところです。

※近畿大学卒業式でのスピーチ動画です。16分ちょっとなので、興味ある方はご覧くださいね。

行動力と失敗についての名言が豊富『考えたら負け』

 

ホリエモン初心者にオススメ、というキャッチコピーにつられて買ってしまったこの本には、ホリエモンが自著やメディアで残してきた堀江語録が収録されています。150の語録の中で気になったものをピックアップしていくと、どうやら今の私には「行動力」と「失敗」に係わる名言が響いていることが分かりました。昨年の半ばくらいから、本格的にライターの仕事と向き合い始めた中で、確かにこの「行動力」と「失敗」の2つのワードは自分の感情の多くを占める要素だった気がします。そんな状況だったからこそ、響いたのかもしれません。

1. 行動力がある人が成果を出していく
動かなければ何も始まらないのは当然のこと。
2. 「見切り発車」でいい
失敗を減らすために事前に準備したい、と考えるのも分かるが「100%失敗しない方法」なんてない。むしろその迷う時間が無駄。
3. 美味しいものを食べ、ぐっすり眠って、いつまでもクヨクヨしない
失敗したことを覚えているのは「次に失敗しないように」行動を抑制する脳の機能だとしたら、次の行動を起こすために「失敗を忘れる」機能も脳には備わっているはず。周囲の人もあなたの失敗なんてずっと覚えていない。

私が選んだ3選は、この言葉で「自分がやってきたことは間違いではなかった」「これで良かったんだ」と自分の選択を肯定できたきかっけとなったものでした。最後の「いつまでもクヨクヨしない」は昔からよく言われている言葉ですが、いざ実行しようと思うとなかなかできません。失敗に囚われクヨクヨしてしまう私ですが、脳の機能として「失敗を忘れる」なんてものがあるなら「その機能、今めいっぱい働いてくれ!!」という気持ちになれたのでピックアップしてみました。150の名言、きっとあなたの心に響くものがあるはずです。

気になった方はぜひ読んでみてください♪

考えたら負け 今すぐ行動できる堀江貴文150の金言 (宝島社新書) | 堀江 貴文 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで堀江 貴文の考えたら負け 今すぐ行動できる堀江貴文150の金言 (宝島社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。堀江 貴文作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また考えたら負け 今すぐ行動できる堀江貴文150の金言 (宝島社新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

食わず嫌いや好き嫌い、大人になって好きになるものもある

食べ物でも食わず嫌いでいざ食べてみたら美味しかったもの、子どもの頃には嫌いだったけど大人になったら好きになったものってありますよね。本も同じかもしれません。
私は「ビジネス本」に関しては完全に食わず嫌いでした。よくよく考えてみると、本を通して、色々な業界の成功者や偉人たちのビジネスのノウハウが学べるのだから、こんなにお得な話はないですよね。わざわざセミナーに出向いたり、アポを取りつけなくても、その成功体験や手段を学べる。これは利用しない手はないんじゃないか、と思ったら、今までビジネス本を毛嫌いしてきた時間が少し勿体なく感じました。幸い、我が家にはビジネス本がたくさんあります。そう、旦那さんがビジネス本、大好きなんです。小説は全然読まないのに、ビジネス本は熱心に読んでいます。一度はブックオフに売ってしまおうと思っていた本棚のビジネス本が急に宝の山に見えてきました。そろそろ人生の折り返し地点にきたかな、と思っていたこの年で、また新たな出会いがあるとは・・・やっぱり人生は面白い!!この宝の山の中で、また面白いビジネス本を見つけたらぜひご紹介したいと思います。